こんにちわ。
サイト運営者のみなみです(^^)

 

ギフト±がめっちゃ面白かったので、
ナガテユカさんの蝶獣戯譚(ちょうじゅうぎたん)も読んでみました♪

 

蝶獣戯譚は、ⅠとⅡがあって
今回、紹介するのは蝶獣戯譚のⅠ!

 

蝶獣戯譚は、掲載してた雑誌自体が終わって
途中で終わっちゃったみたい。

 

でも、蝶獣戯譚は、Ⅱまで出てるし
まずは、Ⅰを読みました(^O^)

それでは、あらすじと感想をご紹介しますね~!

蝶獣戯譚のあらすじと感想(ネタバレあり)

舞台は、1635年の江戸時代。

戦国時代が終わった頃で、
徳川の天下統一の時に活躍してた忍び(忍者)
仕事を失っていました。

 

一部は、公務員のような公務があったんですが
失業した忍びは、盗賊や人斬りなどの悪さをしていたんですね。

 

そのような道を外れた忍びたちを狩る忍び。

それが、蝶獣戯譚の主人公・於蝶(おちょう)。

 

なんと於蝶の表の顔は、遊女!!

これまたサイレンサーの静みたいに、
エロくて、クールなんですよね~♥

 

それが裏の仕事があると
急に殺気立って、バッサリやっちゃいます!!

 

ストーリーの設定が、
ちょっとギフト±と似ていて、面白い♪

 

ギフト±は、環がイケナイ鯨を狩りますが
蝶獣戯譚は、於蝶がはぐれ忍びを狩ります!

表の裏のドキドキ感がたまりません(´∀`)

ギフト±が好きなら、間違いなくおすすめですよ~!

ギフト±(プラスマイナス)のネタバレ一覧

ギフト±のネタバレ一覧はこちら