こんにちわ。
サイト運営者のみなみです(^^)

 

看護師をしているせいか
ギフト±の試し読みから止められない(笑)

 

今回は、漫画「ギフト±」の登場人物である
阿藤圭介の過去をネタバレしちゃいます♪

「ギフト±」登場人物~阿藤圭介の過去~

■ 阿藤圭介(あとう けいすけ)

阿藤圭介は、元警察の探偵。

阿藤が警察を志したきっかけは、
幼少期の父からの虐待だった。

 

母と妹を守るために、必死に父からのDVを耐えた。

その経験から、
子供を食い物にする大人を恨むようになる。

 

警察時代に、臓器売買の事件に関わり
それをきっかけに辞職した。

 

その臓器売買事件には、
児童買春事件も深く関わっていた。

だからこそ、阿藤は
その事件を未解決にすることは許せなかった・・・。

新聞屋の友人の死

阿藤は、新聞屋の友人から
売春疑惑があった高級クラブの顧客リストを
手に入れられないかと、取引を持ちかけられる。

 

その顧客リストには、
タカシの家系のグループである
極秋会グループも入っているかもしれない・・・。

 

ところが、その取引を阿藤はキッパリと断った。

しかし・・・

 

その友人は臓器を抜かれて、東京湾に捨てられた。

その事件がきっかけに
必ず解決させるために、警察を辞めることに。

 

そして、林先生との出会いがきっかけに
徐々に、解決の糸口が見えてくるのであった・・・。

ギフト±(プラスマイナス)のネタバレ一覧

ギフト±のネタバレ一覧はこちら